甲状腺疾患の原因とは何なのか

甲状腺の疾患の原因とは

こういった、甲状腺疾患というのはそもそも何が原因で起きるのかということですが、ほとんどの場合は甲状腺に腫瘍ができてしまったり炎症が起きてしまうという場合を除けば基本的には甲状腺ホルモンの合成、分泌量の変化によっておこるものです。
なぜ、そう言った甲状腺ホルモンの分泌が起こるのかというと甲状腺が免疫によってホルモンの調節ができなくなってしまう、ということなんです。
免疫というのは、ときどき体内を正常に保とうとする際に勘違いで起こってしまうこともあるんですね。
その免疫が、正常な細胞などを外的と勘違いして攻撃してしまうことによって、ホルモンの過剰分泌や分泌量低下などの症状を引き起こしてしまうんです。

甲状腺の免疫による攻撃

甲状腺機能亢進症の代表的な症状であるバゼドウ病は、免疫が甲状腺を刺激してしまうことで抗体を体の中で作り続けてしまい、抗体が甲状腺を攻撃してしまうのです。
そして、それによって甲状腺ホルモンを分泌させてしまい、過剰に作ってしまうんです。
逆に、橋本病はリンパ球が濃さ同を起こして甲状腺を攻撃し炎症を起こしてしまって細胞が傷ついてしまうので正常にホルモン分泌をすることができなくなってしまうんです。
すると、甲状腺ホルモンの分泌量が低下してしまうということになるわけです。
甲状腺ホルモンの異常というのは、言ってみれば免疫の機能低下などで起こるものなのです。

遺伝が原因の可能性もある

しかし、こういった甲状腺ホルモンに対する免疫の誤作動というのは実は何が原因でおこっているかははっきりと改名されているわけではないのです。
今のところ、こういった免疫誤作動は遺伝的な原因があるのではないかとみられています。
なので、自分の身内にこう言った甲状腺機能の疾患をよく起こす人がいる場合は、遺伝している可能性がありますので、体調不良の際には医師の診断を受けるといいでしょう。

こういった遺伝が原因という説もまだ科学的に完全に証明されているわけではありません。
なので、自分の家系に甲状腺ホルモンの疾患を起こしている人がいるからといって自分にも必ず起こるわけではないので誤解のないように。