甲状腺機能低下症の橋本病とは

橋本病とは

甲状腺の分泌する機能に障害が起きてしまい、甲状腺の量を適切に調整する機能が低下してしまい、分泌量が低下してしまうことによって正常な体の機能を保つことが出来なくなってしまうんです。
甲状腺の機能低下症にはたくさんの種類がありますが、橋本病というのはその中でも特に代表的な症状のことを示しています。

橋本病にかかりやすい人

橋本病は、特に20代後半から40代くらいの患者が特に多く男性よりも女性にかかりやすい症状なんですね。
橋本病が起きてしまう原因、というのは実は甲状腺を障害してしまう物質が体内にできてしまうことで発症するという原因になっており甲状腺やリンパなどが詰まったりするとこういった症状に見舞われるんですね。

初期症状はただの風邪だと勘違いしてしまう橋本病の症状

橋本病に実際にかかってしまうと、どんな症状に見舞われるのかということですがまず一番大きな影響が新陳代謝が異常に落ち込んでしまうことです。

新陳代謝が落ちてしまうと、体が正常なエネルギー消費をしなくなってしまいたとえば、特に何も食べていないのに太ってしまうというエネルギーの吸収をしなくなるけど脂肪がたまっていくというようなことになる場合もあるんですね。

また、甲状腺ホルモンの異常は喉周りに症状が現れやすいので首が腫れてしまうなどの目に見えた症状も出てきます。
ほかには、新陳代謝の低下によって便通などが悪くなってしまうということで便秘になるなどの可能性もあります。
女性の場合は、月経が重くなったり月経の期間が長くなってしまうなど、女性の場合は生理不順に近いような症状を併発することもあるんですね。

更に、甲状腺機能低下は女性の場合が不妊の原因になってしまうこともあれば、妊娠中の女性の場合は流産の可能性が高くなってしまうなどの危険もはらんでいるのです。

橋本病は、甲状腺機能低下症の中でも特に症状が出やすい物で30人から40人に一人はこれにかかってしまうことがあるんですね。
体のだるさなどは風邪に近いですし、喉に違和感を感じてしまうというのもそれに近いので初期症状はただの風邪だと感じてしまうこともあるんです。

なので、首周りが腫れるなど風邪では起こらない症状が出ない要注意です。